藤太's H&P

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年のまとめ

<<   作成日時 : 2017/01/02 15:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


遅れましたが、2016年の成績のまとめでも。

通算成績
 113戦 14-5-13-6-13-62


重賞成績
 5/7 京都新聞杯(G2) エルリストン 6着
 9/10 紫苑S(G3) パーシーズベスト 4着
 9/17 阪神ジャンプS(JG3) リスヴェリアート 6着
 9/18 レディスプレリュード(Jpn3) サンソヴール 11着
 10/8 サウジアラビアRC(G3) クライムメジャー 3着
 10/16 秋華賞(G1) パーシーズベスト 7着
 11/23 兵庫ジュニアGP(Jpn2) アズールムーン 5着
 12/17 ターコイズS サンソヴール 10着

去年は重賞出走が多かった上に、サンソヴールの2走以外は全て入着と比較的良い成績でした。
欲を言えば、2着以内で賞金を加算出来ていればいうこと無かったんですが。
(リスヴェリアート、パーシーズベスト、クライムメジャー、アズールムーン辺り)


世代別
<6歳馬>
 クラウディオス 6戦 1-0-0-1-0-4
 ジューヴルエール 7戦 0-0-0-1-0-6
 リスヴェリアート 6戦 1-2-1-0-1-1

明けて7歳になる世代ですが、まだまだ頑張ってくれました。
特にクラウディオスの単勝最低人気での勝ち上がりと、リスヴェリアートの障害での奮闘。
リスヴェリアートは掲示板外も最後の直線で不利があったJG3だけなので、今年も障害戦線で頑張ってくれそうです。
<5歳馬>
 ヴォルケンクラッツ 5戦 0-0-0-0-0-5
 スペシャルギフト 2戦 0-0-0-0-0-2
 ゼアミ 5戦 1-0-0-0-1-3
 トラヴィス 9戦 0-0-0-1-1-7
 サンソヴール 6戦 1-0-0-0-0-5

年明けにゼアミが勝ってくれた以外はイマイチな成績だったシルク+ターファイト牡馬勢。
それに対してサンソヴールは準OPを勝ち上がり、ダート挑戦で惨敗からの芝戻りではあわやという所を見せてくれました。
そのサンソヴールは規約上3月一杯で引退、牡馬3頭の巻き返しはあるでしょうか。
<4歳馬>
 オリエンタルダンス 4戦 1-1-0-0-0-2
 ディグニファイド 7戦 1-1-2-0-0-3
 ウィズレヴェランス 2戦 0-0-0-0-0-2
 ミンナノプリンセス 5戦 0-0-1-0-1-3
 ボルドネス 6戦 0-0-0-0-0-6

6月に降級する馬が3頭いて稼ぎ時かと思っていた世代ですが、色んな事情で年間を通して順調に使えた馬は無し。
(脚部不安、ゲート難、骨折、体質難、気性難による去勢手術)
年末に長休から復帰した馬が順調に次に向かえそうなので、ここからの再出発に期待です。
<3歳馬>
 パーシーズベスト 6戦 2-0-0-1-2-1
 ブレッシングテレサ 3戦 1-0-0-0-0-2
 ジュメイラリーフ 5戦 0-0-2-0-0-3
 ストーミーストーム (中央) 4戦 0-0-0-1-1-2
 ストーミーストーム (地方) 2戦 0-1-0-1-0-0
 メジェルダ 3戦 0-0-0-0-1-2
 エルリストン 8戦 1-0-2-1-1-2

脚部不安で引退したラッシュドリーマーを含め、未勝利引退馬が多い世代になりました。
それでも2歳時のファンタジーSを含め、重賞戦線である程度の成績を残してくれたのは良い傾向。
地方から再出発を図っているストーミーストームを含め、来年も頑張って貰いましょう。
<2歳馬>
 ポールヴァンドル 2戦 0-1-1-0-0-0
 アズールムーン 4戦 2-0-1-0-1-0
 クインアマランサス 1戦 0-0-0-0-0-1
 ステイオンザトップ 2戦 0-0-1-0-1-0
 クライムメジャー 3戦 1-0-2-0-0-0
 クライベイビー 2戦 1-0-0-0-1-0

今年の中心を担って欲しいこの世代ですが、7頭中6頭がデビューし、3頭で4勝という今までで最高の成績を上げてくれました。
勝ち鞍、勝ち馬数ともに今まで最高だった10年産を超えていますし、最終週にクインアマランサスが敗れるまでは掲示板外すら無かったという・・・
最後の1頭、アデュラレッセンスも年明け早々の入厩予定が出ていますし、色々と課題も見えてきている既デビュー馬もしっかりと克服して過去最高の世代に育っていって欲しいです。
<明け2歳馬>
 バグダッドカフェの15 父ダノンシャンティ
 プチノワールの15 父ディープインパクト
 ラヴァーズレーンの15 父ハーツクライ
 フェイドレスシーンの15 父ロードカナロア

今のところ、明け2歳馬はこの4頭。
本当はマザーロシアが居たんですが、年末ギリギリで契約解除になってしまいました。
おそらく有るであろうキャンセル募集と、追加募集で例年通り7頭ぐらいの体勢に持って行くつもりだったんですが・・・
とりあえず年明けの1次追加募集で申し込むとすればハッピーメールアビですが、アビは父と厩舎がフェイドレスシーンと丸被りなんですよねぇ。
牡馬に偏りすぎな気もしますし。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年のまとめ 藤太's H&P/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる